何歳からベビーシッターを利用できるのか

何歳からベビーシッターを利用できるのか

生後0ヶ月の乳児から受け入れてくれるベビーシッターがほとんどですが、生後1ヶ月あるいは生後2ヶ月以上でないと受け入れてくれないベビーシッター事業者もあります。全体の2割から3割の事業者が、「生後45日以降」などの独自のルールを設けて、受け入れ可能年齢を規定しています。
そのため、ある会社で生後1ヶ月の乳児にベビーシッターを利用するのを断られたとしても、別の会社を探してみるとよいでしょう。

それでは、いったい何歳までベビーシッターに世話をしてもらえるのでしょうか。
受け入れ終了年齢については、特に決まっていないという事業者がほとんどです。



実際には、中学3年生までの利用は数多く見られますが、子供が高校生になるともう世話をしてもらう必要がないとみなされ、利用を辞める家庭が多いようです。

ベビーシッターについての知識を高めてもらうためのサイトです。

利用できる曜日については、会社によって大きく異なります。

月曜日から金曜日までの平日だけ利用できる会社が半数近くに及びます。土曜日や日曜日、祭日にもベビーシッターが来てくれる会社は少数派というのが現状です。

深夜や早朝を含む24時間態勢でサービスを提供している事業者は、まだ数えるほどしかありません。

エキサイトニュース情報を集めたサイトです。

人材の確保やコスト面で、恒久的に24時間態勢のサービスを提供するのが難しいため、今後も増加は見込めない状況となっています。
ただし、都心部では実際に深夜の時間帯に派遣してくれる会社もあるため、もし必要な場合は探してみるとよいでしょう。

  • 生活の秘訣

    • 最近、利用者が増え改めてその価値が見直されつつあるベビーシッターですが、初めて利用するにあたってはいくつかの注意すべきポイントがあります。保育園や幼稚園などの保育施設に子供を入園させるときと同じように、前もってベビーシッター事業を行っている会社の情報収集を行うのは基本です。...

      detail
  • 身に付けたい知識

    • 近年、共働きやシングルマザーが増えており、保育所に入ることが出来ない子供たちが非常に増えています。仕事を出来ない母親たちは、収入を得ることが出来ずに、とても苦しい思いをしているのです。...

      detail
  • 基本知識

    • 小さな子供が好きで責任感がある人に向いている仕事の一つが、ベビーシッターです。では、シッターになるためにはどうすれば良いでしょうか?いろんな方法がありますが、一つは、全国保育サービス協会の「認定ベビーシッター」の民間資格を取得することです。...

      detail
  • 専門知識

    • ベビーシッターをはじめとする家庭訪問保育サービスの会員になるには、入会金や年会費が必要です。会員になると、毎週定期的にベビーシッターが家に来て、子供の面倒を見てくれます。...

      detail